100名山を目指すムツミのホームページです。

車では行けない温泉に入るためには、登山装備が必要だ!

私の登山装備について

登山靴
sirio.JPG
ミドルカットだと、岩場や低山も使える。
重いザックを背負う人はくるぶしを覆う
ミドルカット以上がよい。

ザック
zakku.JPG
日帰りなら、20~35L
1泊小屋泊まりなら40前後でOKだ。
テント泊なら60L以上はほしいところだ。

ジェットボイル
ジェットボイル (2).JPG
ジェットボイルフラッシュ。
お湯を沸かすならこれが一番早い。
五徳を使えば、フライパンなども使える。

時計
baligo.jpg
バリゴの時計、高度計が付いているので
目安として高度を知りたいときに役に立つ。
アラーム・防水機能があり
電池交換が自分で出来る。

雪山登山の場合
アイゼン

SOUBI01.JPG

写真はブラックダイヤモンドのアイゼン


ピッケル
ピッケル.jpg

ブラックダイヤモンドのピッケル(60cm)
ストック替わり使えないかと長めを購入
滑落のストッパーとして使うなら短くても
問題はない。

山専サーモス
CIMG9927.JPG

雪山で冷たい水を飲むことは体力を消耗させる
山専サーモスなら8時間くらい熱いお湯でキープ出来る。

2011-09-08

福島の名湯、沼尻温泉に行こう!

numajirionsen.jpg

沼尻温泉は、川自体が温泉となっているため
無料(タダ)で入れるが、
硫化水素が貯まる危険があるため
ガスマスク持参で入浴しようと考えております。
2014年5月位を検討中です。
参加したい方はメールください。 メール

硫化水素対応のマスクについて
gas-mask.jpg